工損高速クン - 工損調査効率化アプリ

工損高速クン - 工損調査効率化アプリ

iOS Universal Productivity

Free
Own Wish Buy Buy

“工損調査の作業効率の改善”
このアプリ『工損高速クン』(特許出願中)は工損調査の作業効率を大幅に改善します!
損傷写真がデジタルカメラと損傷等を記載した白板に指示棒(矢印)が一体となっている、調査に便利なアプリです。
損傷等を記載した白板に調査番号の自動化を行うことで調査番号の誤りが無くなります。
操作は画面タップ(※1)が中心で、辞書登録を事前に行うことにより損傷の程度をスムーズに記載することができます。
白板をアプリ内に入れることで次のような事が解消されます。
①光の反射で文字が見えにくい
②白板が入らない狭い場所での撮影
③マーカーや指示棒で、所有物を汚したり壊す心配も解消します。
④白板や指示棒を持たなくてよいので、損傷が広範囲で写ります。
⑤iPhone等の防水対策を行うことで、白板が雨で濡れて見えなくなることも、風に吹き飛ばされる心配もありません。
(フラッシュを搭載したiOS9.0以降の端末推奨)

通信環境が整った場所であれば、10分程度(通信環境によって異なる)で『工損高速クン調査表作成サービス』へデータをアップロードし、『工損高速クン調査表作成サービス』を利用して頂くと調査表及び写真帳をダウンロードできます。


【主な機能・特徴】

■調査情報のリンク機能
工損高速クンのウェブシステムで調査情報を登録すると、アプリが自動的にその情報を取得します。
現場に到着後はすぐに調査を開始することができます。

■現況写真の認識
損傷写真・測定写真とは別に、白板を撮影画面上に表示しない現況撮影に対応しています。
現況写真は写真帳の出力時に自動で現況と記載されます。
 
■損傷名及び損傷の程度等を記載した白板
撮影前の白板記入画面にお、記載内容の入力や変更をすることができます。
写真番号(調査番号)は自動でカウントされますので、番号の間違いがなくなります。
先に撮影した損傷状況の写真を削除した場合、写真番号(調査番号)は欠番となります。
このアプリは電子的に作成された白板画像を被写体に重ね合わせ被写体と白板を同時に撮影します。
撮影した写真に後から白板画像をはめ込むものではありません。
頻繁に使う文字は辞書登録管理やiPhoneのユーザ辞書に登録することでより便利になります。
白板は画像の四隅に指で動かすことができるため、撮影時に自由な白板のレイアウトが可能です。
写真帳を横向きで表示する事を考慮しているので、縦向けに撮影した場合白板は横に表示されます。

■指示棒
指示棒は矢印として写真上に表示されます。
撮影した画像に矢印を追加する場合は、任意の場所をタップ(※1)していくつでも矢印を追加することができます。
また、選択した矢印の削除や45度毎に回転させる機能があります。

■手書き線
鉛筆のマークをタッチすると手書きの線が描けるので、損傷の範囲を囲う時などに便利です。
線の太さや色を変更することもできます。

■現況写真と損傷写真の自動整理機能
別々に撮影しなくても自動で整理されるので場所(部屋)ごとに現況写真と損傷写真を同時に撮影してもOKです。

■調査表作成サービス
『工損高速クン調査表作成サービス』は、調査表や写真帳を代行して作成するサービスです。
『工損高速クン』アプリで撮影した画像を、『工損高速クン調査表作成サービス』へアップロード後、調査表及び写真帳をダウンロードして頂けます。(画像1枚25円・税込)
画像価格ついてはお客様の了承を得ることなく、利用料金の金額を変更することがございます。
何日も費やしていた作業が大幅に短縮され、作業効率の改善につながります。
『工損高速クン調査表作成サービス』を利用しない場合は、『工損高速クン』アプリ内でのみ確認することが出来ます。

■事後撮影時に事前の写真を見ながら撮影
事後撮影の画面上に事前の写真が薄く重なって表示されるので、撮影時のフレーミングが簡単になり、事後撮影を強力にサポートします。
また事前と事後の写真が左右に並んで表示されるので、比較の際も一目瞭然となるように設計しています。


(※1)タップとは:液晶画面をさわり、動作させること。パソコンのマウスでいう左クリック

Show More...

What's New

撮影していない調査に未送信アイコンが付く処理の見直し

My Rating

App Store Rating