This app was removed from the App Store.

死ぬまでに読んでおきたい 芥川龍之介

死ぬまでに読んでおきたい 芥川龍之介

iOS Universal Books

$4.99 was 3.99

Own Want Buy Buy

三十五歳という若さで自ら人生を終えた芥川龍之介。
同時に彼の素晴らしい芸術生涯も終わりを告げましたが、短い一生の間に残した百四十編あまりの小説は、今なお私たちの心の琴線を揺さぶり続けています。

彼は大正時代における新現実主義の代表的な作家でした。
20世紀初期の日本の小資産階級の現実に不満をもったが出口が見つからない気持ちを表現しているという、
新現実主義の流派は、今の混迷の時代に暮らす私たちに共感できるところが多くみられます。

その中でも彼の真骨頂ともいえるのが短編小説です。

芥川のたくさんある短編小説は題材、形式において、どの作品もオリジナリティーに富んでいます。
短い紙面と二、三人の人物で、その文章の主題思想を表現し、人間の複雑で込み入った思想意識が表現されています。

芥川の短編小説は、歴史題材の作品でも現代題材の作品でも、上品な言葉、きめが細かい心理描写、巧妙な分布で彼の独特な芸術風格が表わされており、
後期の現代を題材とする作品は正直な知識人が現実の人生を探求しながら、結局、幻滅し、その後の苦悩と絶望の気持ちを表現する。

いずれにしても、彼の大部分の作品は人の複雑な内心の世界を鮮やかな筆使いで描写しています。

本アプリ「死ぬまでに読んでおきたい 芥川龍之介」では下記7作品を収録しました。
ぜひ芥川龍之介の鮮やかな筆遣いをご堪能ください。


【目次】

羅生門

芋粥
地獄変
奉教人の死
藪の中
河童


★★★UnitedBooksのアプリ★★★

35歳までには“最低”知っておきたい 経済学ドリル◆洞口勝人
35歳までには“最低”知っておきたい 「超」経済学ドリル◆洞口勝人
脱・社内奴隷◆小林一郎/栢原伸也
超「高速」仕事術 TimeHacks編◆西村克己
超「高速」仕事術 思考Hacks編◆西村克己
なぜ、この国は儲からなくなったのか?◆長野慶太
終末期患者からの3つのメッセージ◆大津秀一
死ぬまでに読んでおきたい 太宰治

My Rating

App Store Rating

Top 200 Recent Activity

All Time Peak